マレーシア政府観光局は、アジア大交流時代の
国際社会で活躍できる「グローバル人材育成
プロジェクト」を対象年代別に実施しています。

 全国各地で開催している「教育旅行・語学研修・留学セミナー」のみならず、高校生を対象とし千葉県の協力を得て夏休みに実施している「千葉県高校生マレーシア派遣事業」、大学生向けの夏期留学モニター・ツアー「ルックマレーシアプログラム(2014年より「マレーシア夏期学校」に名称変更)、年齢20歳代から30歳代の旅行会社の若手社員を対象とし、旅行業の「明日を考える」をテーマに日本旅行業協会(JATA)との共催プロジェクト「第3回JATA若者トラベル研究会(マレーシア)」があります。
 さらに、2016年春にはペナン教育旅行センターとの共催で大学生を対象に「ペナン春期学校2016」を実施しました。ペナン教育旅行センターは、2013年にペナン州政府の肝いりで設立され、マレーシア政府観光局と協力し積極的にペナン州への「教育旅行・語学研修・留学」のプロモーションを行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

gif
大学生対象 留学モニター招待プログラム「ペナン春期学校2016」
アジア大交流時代の幕明け!国際社会で活躍するグローバル人材へ成長するために!
参加学生レポート発表&成果報告会開催!

 アジアの3大民族と多くの先住民族、そしてユーラシアン等からなる多民族国家マレーシア。国語はマレー語だが、英語も広く使用されており、マレーシア人同士でも民族が違えば英語で話すのが一般的だ。なにしろかつて英国を宗主国とし、現代においても英国連邦加盟国であるマレーシアゆえ、英語はお手の物。英語教育を目的としてデスティネーションとしても非常に魅力的だ。だがそれ以上に魅力なのはマレーシアならではの多様性である。宗教、言語、習慣などについて互いに相手を尊重しつつもマレーシアというひとつの共同体として折り合っていく、それはまさにグローバリズムの考え方であり、マレーシア人は生まれたときからずっとこの考えの中で・・・続きを読む



高校生対象
千葉県高校生マレーシア派遣事業
青少年育成千葉県民会議推進大会で成果発表

 第二回千葉県高校生マレーシア派遣高校生8名(2名は授業の為不参加)が、2015年11月7日千葉県青少年女性会館で行われた「平成27年度青少年育成千葉県民会議推進大会」で130人を超える出席者の前で、2015年7月28日から8月3日の日程で参加したマレーシア研修旅行の発表を行った。
民族衣装を身に纏うアイディを取り入れ、全員で制作した「千葉とマレーシアを若さで繋ぐ」と題したプレゼンテーション資料を・・・・・続きを読む



大学生対象
マレーシア夏期学校

 マレーシア夏期学校は、マレーシア政府観光局が“将来を担う大学生”を対象に実施する人材育成プログラムです。マレーシアでの国際交流などのさまざまな体験を通し、マレーシアのみならずアジアへの関心を高め、グローバル社会にふさわしい有為な人材を輩出することを目的としています。2011年から「ルックマレーシアプログラム(2014年よりマレーシア夏期学校に名称変更)」を3年に渡り実施し、日本各地から42名の大学生をマレーシアへ8月下旬から3週間派遣し、大きな成果を上げることができました。
マレーシア夏期学校のページへ



旅行会社の若手社員対象
第3回JATA若者トラベル研究会「マレーシア海外研修プログラム報告発表会」

現地で考えた「マレーシアから学ぶ“これから”」

マレーシアならではの“事情”は今後の課題
 マレーシアでの現地研修を経て帰国した若手旅行社員の面々が、9月25日(金)その研究結果を東京ビッグサイトで開催された「ツーリズムEXPOジャパン2015」にて発表した。10人全員が登壇し、一人ずつ分担して全員で話し合いたどり着いた結論を発表するというスタイル。司会進行役には株式会社PTSの松住健一郎氏が当たった・・・・・・続きを読む